「パブリックスペースはどこにある?」

というワークショップをキュレータの太田エマさんと一緒に、2012年1月24日に、恵比寿のとあるスペースで行ないました。
プレゼンで、山岡のパブリックスペースでの作品/活動について、お話するために用意したPowerPointのデータを以下のようにスライドでアップし直しました。

まずは、サイトスペシフィックというアイデアのご紹介から入ります。1960年頃からある考え方ですが、山岡にとっては、クリスト氏の「アンブレラプロジェクト」(19991年、水戸)を実際に見たことは大きいです。意識はしていませんが、今になってみると影響されたに違いありません。

さらに、
この世で確かなものは死と税だけである、というベンジャミンフランクリンの言葉。それは、「パブリック」を考える上でとても意味が深いと思い、
意識的に加えました。最後に「
プラカード」の話になりますが、それはこのプレゼンに引き続くワークショップで、観客の皆さんに、プラカードづくりを体験してもらうために導入です。

パブリックスペースでの作品1992〜2011の紹介
homeへ戻る