Workshop
戻る
ことの運び スペイン、ジローナ。 FEMという名のパフォーマンスアートフェスティバルのプログラムの中で。2011年3月
様々な日用品/がらくたから、「もの」を選び、それを運ぶ、パフォーマンスアートの作品を作る。3人一組の3チームによる3つの作品が行なわれた。アートの学生や、ある程度アートの知識のある参加者向け。なぜだか、3組のうち2組が、水を運ぶパフォーマンスとなった。カップはとなりのカフェから借りた。90分。
<コンセプト>
「ことの運び」という日本語は、「時間」や段取り、「時期」の到来などを表す。「ものを運ぶ」というのは、日常の中の最も基本的な行為である。「運ぶ」ことと「時間」との、シンプルで、かつ、親密な関係を意識してみたい。ものを運ぶための時間の感覚をどう創造するか、時間をどう彫刻するか、時間から何を印象づけるか、等の表現の工夫が要となる。
「トリオの力」でもある。