public space 2011~2020

工事中 under construction

2019 Naturalization  Sweden
2019 Hello Hello Hello     Sweden
2019 Whistle
2019 Body Maintenance Toronto
2015 Be in a space in a place  新宿3丁目, Tokyo
2014 Be in a space in a place 喜多院, Saitama, Japan
2014 Dayly Revenge China
2014 Blind Game Beijin, China
2014 High Five Gardening Uppsala, Sweden
2013 Sculpture of Eye Contacts Curitiba, Brazil
2013 High Five Gardening Curitiba, Brazil
2013 Hight Five targeting Tokyo
2012 Public Service Center Tokyo
2012 Natualization Spain
2012 Blind Game Stockholm
2012 Targeting Zigzag 上野, Tokyo
2011 We Are Elegant Vancouver
2011 Blind Game Jerusalem
2011 We are Elegant Jerusalem
2011 Jerusalem
2011 小金井で話す
2011 Blind Game Girona

 

 28th August 2019
 Hello Hello Hello
venue : Almunge Skola, Sweden
project : K.R.O.P. P Lab 2019
by SU-EN

←zoom in  拡大できます

 

スェーデンの都市、ウプサラの郊外の村、Almungeの小学校。K.R.O.P. P Lab 2019に滞在中のアーティスト7名が訪問し、バスケットボールのコートで、即興パフォーマンスをし、小学生たちは、その周りで見ていた。山岡は、学校にあるだけのボールを用意してもらい(19個)、そのボールをドリブルしつつ、子供達の方にまず、そっと投げた。受け取った子が投げ返す。まだ、別の子に投げて見る。そうこうするうちに、子供たちの多くが、その単純なキャッチボールのゲームを楽しみ始め、コート周りのあちらこちらから、Hello Helloと私を求める声が私に向けられた。子供たちは、外国のアーティストたちのパフォーマンス空間である、コートの中には決して入ってはいけないと、厳しく禁止されていたので、それが、むしろ、遊びのルールとなったわけだ。わたしは、1時間の間、コートを走り回って、あちこちの子供たちとキャッチボールをするはめに。ボールが転がってコートから出れば、誰か子供ががコートに投げ入れた。コートの中で、ボールはずっとごろごろしている。それらの間を私が縦横に走り回る。まさに、動いている空間。写真は、私が飛び上がっているところの、ナイスショット。

26th August 2019
Whistle
venue: Gudinge Harbor, Sweden
project : K.R.O.P. P Lab 2019
by SU-EN

上のレジデンスプログラムの別のイベント。かつて、海軍が使っていたという小さな港は、今は、漁港である。また、地元の人たちのパブリックスペースとして、祭などが開かれている場所のようだ。プロジェクトの企画者であるSU-ENが仕事として取ってきたイベント。プチ祭りの出し物として、私たちは参加した。やはり、同時多発パフォーマンス。地元の年配の人たちの集まりの中で行った。私は、ホイッスルを一つ用意して、海猫の泣き声に呼応するように吹いた。

31th August 2019
Naturalization (帰化)
venue: Haglund Skola, Sweden
project : K.R.O.P. P Lab 2019
by SU-EN

More photos (in preparation..)

同じく、K.R.O.P. P Lab 2019 の企画の最終仕上げ。Haglund Skolaは私たちの宿泊した古い小学校。その広い庭にて行われた、1時間の同時多発のパフォーマンス。わたしは、学校の裏に広がる森と学校の庭の手入れされた空間の違いに興味を持ち、森から4種類ほどのワイルドプラントを庭に「移民」させるパフォーマンスを行った。草につけた黄色いリボンは、予め、参加アーティストたちから聞いた自然についてのジョークを書き込んだ。たとえば、「ある星とある星が話をしていた。ある星(地球)は、うちには人類ってのが住んでいると愚痴った。もう一つの星は答えた。心配するな、すぐにいなくなる」といったような。

 

12th August 2019
The Body Maintenance
venue : John Innes Community Recreation Center, Toronto
project: KineTHESES  7a-11d.ca
by Paul Couillard     archive

photo and movie document (in preparation..)

10日間のレジデンスプログラム。サイトスペシフィックで、かつ、観客参加型のパフォーマンスをしてほしいというオーダーだった。現地に行く前にそれを決めなくてはならなかったので、カナダで盛んなバスケットボールに関することをしようと思った。そこで、トロント市内のパブリックなバスケットコートを借りていただき、持って行ったバスケットボールを使い、スポーツはせずに、間と観客との関係との即興を要するパフォーマンスを行った。同時に、片隅にて、太平洋沿岸の波の映像を流した。その轟音が、バスケットボールのバウンドする音とともに、ジムに鳴り響いていた。1時間30分。

13th July 2013
Labeling  日本国憲法
venue : 三田の家 mitanoie, Tokyo      project by izumi Sekiya 関谷泉