Acting Together 2016

10th December 2016
Acting Together 
Lead performer : Yen Noh
venue : ASAKUSA, Tokyo
Project : ARCUS studio

 

このイベントは、2016年11月24日(木)~12月25日(日)に、ASAKUSAの企画展として催されたオノ・ヨーコ&リクリット・ティラバーニャ『共に行動すること』展へのトリビュートイベントの一つとして、Arcus Studioにレジデンス中であったアーティストYen Nohが招待され、さらに彼女が私を招待する形で行われた。以下は、Yen Nohによる企画書からの抜粋。 (the text : English and Japanese),

イェン・ノー | 『共に行動すること』へのもやし招待、山岡さ希子とともに 12/10 Sat. 17:00 – 19:00
“What is work? What is this curious unity which we designate as work? Of what elements is it composed? Is it not what an author has written?” 「作品とは何か?私たちが作品と呼ぶこの興味深い結合体は何か?何がそれを構成しているのか?それは作者によって 書かれたものではないのか?」
会場であるASAKUSAの企画展「『共に行動すること』オノ・ヨーコ&リクリット・ティラバーニャ」へのトリビュート・パフォーマンスとして、私はアーティストの山岡さ希子さんに「もやし招待状」を送り、共に 行動することを提案しました。この招待状はまた、公共に差し出され再翻訳されていきます。人々を招き入れるジェス チャーが、(個人的、またはネットワークを介して広がり、実際にこの場にいらっしゃるかどうかにかかわらず)さ希 子と私とオーディエンスというある好奇心に引き寄せられた集団を生み、出来事を構成するのです。とはいえ、私の目 的は人間関係を築くということではありません。そうではなく、アートにおいて共に行為すること、アートの定義と一 時性について、そしてこの行為における作家性のありかを主張することなのです。なぜならこのバイナリーな招待状は、 ある「興味深い結合体」であるアート作品を構成する重要な要素、時間と空間の境界をあいまいにする機会となるから です。これが過去への贈り物(トリビュート)であることが含意しているように、それは作品の一時性に挑戦するもの なのです。さ希子と私は、もやしのような、ちっぽけでありふれていて、そして興味深いものを探し、「共に行動する こと」によってそれを見出すことに同意したのです。それに対する私の返事text by Sakiko (Japanese)
次は、イベント後にYenが発表したテキストafter the event text by Yen Noh (English)