Sculpture of Eye Contacts, Uppsala 2014

28th May 2014 Sculpture of Eye Contacts  venue:Uppsala konst museum, Sweden
project : Friction by SU-EN

photo:Gunnar Stening

美術館という空間のパブリック性とプライベイト、インディビジュアル性を感覚するための、視界を制限するツールを使う作品。全部の観客には、金魚すくいで使う「ポイ」渡して、その破れの間から、パフォーマンスを見てもらった。また、それは、大先輩のアーティストであるオノヨーコ氏の作品「ceiling painting」へのオマージュであり、クリティックでもある。天井(つまり天)からのYes あるいはNoという、断言調のメッセージを鵜呑みにするのではなく、メッセージは私たちが互いに出し合い、シェアしていくという、スタイルに書き換えた。そのために後半は、観客の場所とアーティストの場所は混じり合い、皆が歩き回ることとなった。幾人かの観客たちは、スペースに置かれたインスタレーション、一匹だけ金魚の入った水槽、脚立、テーブル、台などに、思い思いの言葉を、サインペンで書いた。 

天井の梁にメッセージを書く。Yoko Onoの作品へのオマージュ
ceiling wrinting by artists 天井の梁に書いたメッセージ。観客は脚立を上ってそれを読む。
観客のよって書かれたメッセージ message by one of audience