profile

山岡さ希子、アーティスト。都市や空間、人(身体と活動)、時間の流れを素材に、彫刻的なパフォーマンスの作品をつくる。リアルとフィクションを様々なレベルで混ぜ合わせ、ユーモアによってそれらをつなぐ、特有の手法を持つ。孤立した作品ではマージナルなセンスを、参加者が関わる作品ではそこに起きる共犯的な感覚を想起させる。武蔵野美術大学油絵学科卒業。博物館や画廊に勤務した後、フリーランス。国内では、2005年にドイツのアーティストを招待したイベント「出会うための芸術(Art of Begegnung)」と「横浜港湾行為借景計画(Site-specific “aktion” in Yokohama)」の企画、海外ではヨーロッパ、イスラエル、南北アメリカ、韓国、中国、東南アジアなどのアートフェスティバルの招待されながら、活動してきた。2007年に伝統あるグラスゴーの「National Review of Live Art」に招待されている。2013年、クリティバ・ビエンナーレ(Brazil)より招待され、映像作品を作る。2016年に、パフォーマンスアートのアーカイヴ Independent Performance Artsts’ Movin Images Archive (IPAMIA)を設立。

私は、私のパフォーマンスを「行為と時間と関係性の彫刻」と定義する。

わたしは、「人間」のあり方のひとつの例を創る。これまで、意識されなかった感覚、考えなどを見えるようにする。人間は矛盾した生き物である。にもかかわらず、人は何かを提出するとき、考えを矛盾のないようにひとつにまとめ、2つめ、3つめの感覚を切り捨てる。その捨てられかけた感覚を、私はextra senseと呼び、そこに興味を持っている。

“Born in 1961, based in Tokyo. Studied oil painting in Musashino Art University, Tokyo. Has engaged in the practice of performance art since the 90’s. Since 1996 she has taken part in various performance art festivals around the world, including across Europe and North/South America, Korea, China, and SouthEast Asia.  

Taking the thought of Performance Art as a fated process approaching the body as a single place/knot as her base she builds a practice extending across event production, moving image, photography and drawing, drawing upon the themes of public/private space, sculptured time and the consciousness of bodies. 

I am interested in these senses that can be gotten rid of – “extra senses”

 In my art-works, I often involve an audience and materials, neither of which I can control well. Audience is a kind of others in a society for me. And most of the materials I chose are everyday necessities for us. Both are typical objects for human condition in our life. “